中古マンション最大の強み

集合住宅の一種であるマンションには、大きくわけて新築と中古の2種類があります。 このうち中古マンションは過去に誰かがオーナーとなり手放した物件のことをいいます。 基本的には一度でも誰かが入居して手放したものは中古マンションとして扱われるようになり、新築の状態で販売されていたころの価格より低価格で売りに出されることになります。 この点が中古マンションを購入する最大のメリットといえるでしょう。

どの程度の金額が安くなるのかは一概にいえませんが、新築と中古では1,000万円以上の差が出ることも決して珍しくありません。 また、中古マンションは新築マンションに比べて諸費用が高いといわれますが、新築と中古ではマンション自体の価格の差が大きいことを考慮すれば、大した問題ではありません。 中古は印紙税、登録免許税、司法書士報酬、ローン手数料、仲介手数料、火災保険料、団体信用生命保険といった名目で費用がかかり、なかでも物件価格の3%+60,000円+消費税がかかる仲介手数料は中古マンションでしか発生しない費用です。 新築にも修繕積立金という名目で中古にはない費用がかかりますが、すべてトータルしても中古マンションのほうが数十万円は諸費用が高くついてしまいます。

ただ、前述したように中古マンションは新築より1,000万円以上安いことが多いため、あまり気にする必要はありません。 当サイトでは中古マンションの金銭面以外のメリットなどについても取り上げますので、興味のある方はぜひ内容をチェックしてみてください。

<推奨サイト>
東京の中古マンションのメリットがまとめられているサイトになります⇒ 東京の中古マンション